赤ちゃん連れ/子ども連れで飛行機に乗るときのぐずり対策と便利グッズ 0歳児編 持ち物リストあり

こんにちは、にこです。

私は実家が遠方なので、子供が生後1ヶ月(里帰り出産のため)から飛行機で年に数回帰省しています。

その時一番心配なのが、子供が飛行機の中で泣き叫んだり、ぐずったりしないか。

こればかりはいつも心配で、何度も帰省しているのに毎回緊張します。

それに加えて、3歳の次男は自他ともに認める大の飛行機嫌いときたもんだ(一度飛行機で泣き叫んで人生最大に冷や汗をかいたことも・・・)

そのため毎度ぐずり対策について、かなりググっております。

そしていつもいつも、

 

『某漫画家さんが赤ちゃんの泣き声に耐え切れず、飛行機を降りたいと騒ぎになった記事』を読んでは不安をつのらせている弱気な母です。

 

私の精神衛生上のためにも、どうか静かにぐずらず飛行機で過ごしたい・・・。

 

飛行機で私が実際に行っている赤ちゃん連れで飛行機に乗る際のぐずり対策について年齢別にまとめました。

今回は0歳乳児編です。

この記事はこんな人におすすめ

  • 0歳児の赤ちゃんや子供を連れて飛行機に乗る予定だけど不安に思っている
  • 子供と2人で飛行機に乗る予定
  • 飛行機が苦手な子供がいるけど、帰省や旅行で飛行機に乗る予定
  • 飛行機でのぐずり対策を探している




0歳児赤ちゃん連れ飛行機 持ち物リスト

私が0歳児を連れて飛行機に乗る際の持ち物リストです。

  • オムツ、おしりふき、ビニール袋
  • 授乳ケープ、ミルク(キューブが便利)、哺乳瓶(小さめ2本)
  • 絵本、おもちゃ、2セットくらい
  • 着替え上下1セット
  • ハンドタオル、ティッシュ
  • だっこひも

とりあえず、ここら辺をカバンにねじ込みます。

機内に登場した時シートポケットにセットすると便利なもの

  • ミルクセット、授乳ケープ(ケープは背中に挟んでおいでもいいかも)
  • ハンドタオル、ティッシュ
  • 絵本など遊び道具

ここら辺は機内で使う頻度が高めなので、先にセットしておくと、取り出す手間が少なくていいです。

0歳児赤ちゃん連れ飛行機で私がしているぐずり対策。

0歳の乳児。まだまだ意思疎通が難しいです。

月齢が低いときは絵本や動画に食いつくこともなく、お菓子を食べることもできないので、約1~2時間の飛行機内でどう過ごそうか悩みました。

①飛行機内で昼寝してもらう作戦

もう、とりあえず、飛行機の中で昼寝をしてくれれば御の字。

一度寝たら大体1時間は間がもつ。

ただ、うまく飛行機で昼寝できるように体力等々を合わせないと、もれなく機内で眠たいぐずり発動。失敗するとそれはそれで地獄絵図。

私が行っている作戦は、まずは少し早めに空港到着(出発時刻から2時間前が理想)。

チェックイン、お土産購入もろもろ済ませ、ハイハイできるなら機内案内まで残り1時間くらいで空港内のキッズコーナーで遊んでいただく。

赤ちゃんで歩けない場合はとりあえずまだ寝かせない。

下手に抱っこひもに入れると早めに昼寝してしまうので、抱っこひもから出してかまってあげる。

 

飛行機に乗る1時間前まではとにかく寝かさない。これ大事。

ここで寝ると飛行機内で子供はめっちゃ元気に暴れます(笑)

 

そして、機内案内30分前に抱っこひもへ入れ、ゆらゆら揺れるかお散歩に出ます。この時期のボバラップ最高。

うまいこと寝かせてそのまま機内へ。

そのまま寝ていただいて1時間は持ちました。ちなみに前回は離陸から着陸まで寝てくれました。(あくまで私の場合)。

 

寝ない場合は、とりあえず気を大きくもちまして(笑)

ぐずり次第、(特に離陸時とかに)ミルクもしくはおっぱいを飲んでいただく作戦にでます。(ミルクは搭乗前に授乳室で作っておきます。どこの空港にも授乳設備はあるかと思いますよ。)

私は赤ちゃんがぐずぐずしていたら、シートベルト着用サインが消え次第、抱っこひもに入れて機内後方へ。

一番後ろの客室乗務員さんがいるところに事情を話せば(寝かせたいんです~とか)いさせてくれます。

そこでのんびりユラユラして寝かせてます。

優しい乗務員さんは話しかけてくれたり、飲み物をくれたりしてくれました。(JALさんこの御恩は一生忘れません)

②てっぱんの絵本を持っていく

とりあえず、①の昼寝作戦を経て、1時間はつぶせたとしましょう。

あとは、残りの1時間を無事に過ごせばいいだけ。

ここはやはりお気に入りの絵本に頼ります。(これは6か月以上からかな?)

機内でも絵本の貸し出しはあります。でも、年齢が3歳くらいからかな~。乳児向けではないかも…。

私の場合、

赤ちゃんが6か月の時に、2人で飛行機に乗って帰省した際に実際に持って行った絵本はぴよちゃんシリーズでした。

実際持って行ったのはこの2冊です。

大きい絵本はカバンに入りきらないので、小さい絵本というのも選んだ要因の一つ。

特にいないいないばあが時間持ちましたね。狂ったように何度も繰り返してました(笑)

ページもめくらせたければ、いくらでもめくらせてあげましょう。ご機嫌でいてくれるなら何でも構わない(笑)

これで10分~15分はもちます。

③音の出ないお気に入りおもちゃを持参する

なかなか音の出ないおもちゃって少ないですよね~。

我が子が0歳の時のお気に入りおもちゃなんてこれですよ。

うるさいのなんのって・・・

なので、苦心した結果0歳の時はかみかみ真っ最中だったので歯固めを持っていきました。

しばらくカミカミしてくれてました。

 

あと、なんか財布が好きだったので、捨ててもいい財布を持っていきました。

中身を落とされると拾えないので、中身はカードのみで。

↑今はこんなおもちゃもあるんですね。

 

1歳になる直前で持って行ったのはこれ、

やりたい放題のミニバージョン。電子音が鳴らない。何面もあるから結構食いついて時間が稼げる。

飛行機で初めて与えて新鮮さアップ↑↑

 

飛行機には持ち込みは結構できるけれども、結局かばんは前の座席の下で、赤ちゃん抱っこしながらだと難しい。

前の座席のポケットに収納できる薄さと大きさであると便利ですよ。

 

ここで20分は持たせればあとは、離陸まで時間を稼ぐのみ!

④授乳が終わってなければ、困ったら授乳かミルク。

0歳から1歳であれば、授乳が終わってない場合がほとんどですよね。

やっぱり、昼寝以外に授乳してる間が一番静かであります。

私は外ではミルクをあげていたのですが、万が一ミルクを拒否した場合に備え、縦抱きで、授乳ケープの中で飲ませる練習を密かにしてました。

結局はミルクを飲んでくれてたんですけどね。

ほほえみのキューブタイプは持ち運ぶのに便利でした。

離陸時に飲んじゃっていたら、念のため、スペアに持ってきた哺乳瓶とミルクを乗務員さんに渡して作ってもらってました。

知ってるかもしれませんが、乗務員さんに頼めばミルク作ってもらえますよ!!

いつもは授乳間隔とか気にするんですけど、今回は特別です。

ある程度時間が開いているのであれば、ぐずったら飲ませてます。

これで15分から20分は持ちますね。



0歳児赤ちゃん連れ飛行機で役に立ったグッズ

上記のような対策をしておりましたが、0歳の赤ちゃんと飛行機に乗って役に立ったなと思うグッズは以下でした。

①ボバラップ 着けたままシートベルトができる抱っこひも

赤ちゃんを抱っこひもで寝かしつけた後って、そのまま抱っこひもから降ろさずに機内に搭乗できると便利ですよね。

ここで、みんなが使っているエルゴとかの腰ベルト付きの抱っこひもだと、席で座りにくいんです。

あ、もちろん座れますよ。

ただ、腰ベルトが当たって座りにくかったり、シートベルトとか着けづらくて機内では過ごしにくい・・・。

 

そんな時にボバラップが便利でした。

腰ベルトがついていなくて、シートベルトがつけやすい。

エルゴより密着度が高いので、よく寝てくれるし、新生児でも両手が空く。

おすすめは高めの位置で抱っこ。シートベルトにあたりにくい。

つい直近の飛行機では、うちの0歳の赤ちゃんは搭乗前から離陸後まで寝てました。

そのままほっておくともっと寝そうだったのですが、さすがに水分補給させないといけないので起こしたくらい。

関連記事>>ボバラップは新生児育児に大活躍 メリットとデメリットのご紹介

 

長男の里帰り出産後に飛行機に乗った時はスリングも使いました。

横抱きだけど片手が空くので、機内でジュース飲んだりできましたよ。

 

②0歳児向け絵本と音が鳴らないおもちゃ お気に入りと新品を用意

上に書いたのと同じですが、私が実際に持って行って好評だった絵本とおもちゃまとめです。

絵本編

各ページに色んな手触りの動物が登場。直接触ってふわふわ、もふもふ、などの感触が楽しめる。ふわふわの部分を触ったりして遊んでました。大きさも小さ目なので、カバンにらくらく入ります。

ページ数は少ないけれど、絵本を開くと色んな動物がいないいないばあをしてくれる。しかも飛び出してくるので、ラストのぞうさんなんて迫力満点。何度も読んであげてもなかなか飽きが来ない。

布絵本で、各ページに、マジックテープで隠れているバイキンマンを探したり、ガサガサなるページになってたり、仕掛けがいっぱい。これもページ数は少ないけれど結構時間が持つ。一部ピッピとなる仕掛けがあるので、ここを鳴らされると結構うるさいのが難点。気づかせずに読みましょう。

 

おもちゃ編

電子音が鳴らないやりたい放題のおもちゃ。マジックテープがついててカバンにつけれるのも便利。引っ張ったり、ハンドル(?)を回す仕掛けがあって食いつきがよい。ただ、電子音はならないけど、ある程度音はする。飛行機のエンジン音で結構かき消されると思うので、許容範囲かな。

これもカミカミで時間が持つ。プラスチックのリングも凸凹して興味をそそり、アンパンマンのゴム部分の食いつきっぷりがよかったです。

 

0歳児なのでこんなところでした。

 




0歳児赤ちゃんの泣き声は意外と気にしなくていい!?

あくまで、私の体感ですが、0歳の赤ちゃんが泣いても案外機内に響かないんですよ。

とにかくエンジン音がでかいので、けっこうかき消されるんです。

0歳の赤ちゃんと飛行機に乗った時も、思ったよりエンジン音でかき消されてました。

そして、隣でおしゃべりしていたおそらく旅行中の奥様方の声のほうが断然大きかった(笑)

自分の子供の泣き声ってすごく大きく感じるんですけど、自分以外の赤ちゃんが泣いてても、「あー、泣いてるなー」程度なんですよね。あくまで私の主観ですが。

確かに赤ちゃんが泣いていると、迷惑に思われる・・・どうしよう・・・

と思う気持ちはよ~くわかります。もう痛いほどわかります。

しかし、そこまで恐れずに乗ってしまえば意外と何とかなりますよ!

以上、0歳の赤ちゃん連れで飛行機に乗るときのぐずり対策でした~。

 



 

☆我が家ではマイルの特典航空券で飛行機代を節約しています☆

私の帰省先まで正規で航空券を取ると片道38,000円、往復だと約8万円

スーパー先得でも金銭的にきついこともあり、マイルの特典航空券を利用しています。

特に年末やお盆の先得がすぐ埋まったり、割引率が低いときに利用しています。

JALのマイルを貯めるならショッピングマイルプレミアムを付帯すると2倍でマイルがたまります。

ほとんどの支払いをJALカードで支払っていると、結構家族分とか簡単にたまりますよ。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です